読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオンハルトジャパン公式BLOG

技術的な情報を公開するスペースです。

IOTA 日本語情報サイト

IOTA Blockchain

f:id:lhj:20160709215458p:plain

IOTA(イオタ)は 2016年07月11日(日本時間 2016年07月12日 00時) にローンチされ、アプリケーション Version は 1.0.0 としてリリースされました。IOTA は bitcoin / blockchain をブレイクスルーした IoT x blockchain ソリューションの1つです。

簡単にイメージしてみましょう。モノ(Thing)が The Internet を経由してデータを送信するとします。送信という行為は一見すると当たり前のように考えがちですが、これを実現するには、デバイスの調達 / プログラムの実装 / クラウドとの通信 / 電力管理 / 運用保守など様々なプロセスを必要とし、初期費用や運用費用という面倒なことを考えなければなりません。

では、パブリック・クラウドのように「使った分だけ支払う」という課金方式を取り入れてみましょう。モノ(Thing)がデータを一回送信する。つまり、一回の仕事に対して「リアルタイム」に報酬を支払う。しかし、この報酬は極めて少額であり法定通貨(ドルやユーロ)では難しいですね。ならば、暗号通貨(暗号トークン)を使って少額な支払いができないでしょうか?

そう、IOTA(イオタ)ならね。

1. 目次

2. IOTA とは

IoTに必要不可欠なマイクロトランザクション/マイクロペイメントを実現させる暗号トークンで、ブロックチェーンを使わない分散型台帳です。IOTAの特徴を5行でまとめます。

  • 送金時にCPUパワーを最大限に使う仕組み
  • PoW(Proof of Work)を採用
  • 送金手数料が無料
  • 幅広い通信規格に対応(Wifi , LoRa , Bluetooth etc.)
  • エコシステムを重視

3. IOTA 関係サイト

4. IOTA 主要メンバー

  • David Sønstebø (IOTA 共同設立者)
  • Dominik Schiener (IOTA 共同設立者)
  • Serguei Popov(IOTA ホワイトペーパー著者)
  • Come-from-Beyond (IOTA 開発者)
  • Gideon Samid(IOTA 財団関係者)
  • Per Lind(IOTA 財団関係者)
  • Carsten Stöcker(IOTA 財団関係者)
  • Gianluigi Davassi (IOTA 開発者)
  • Adrian Z. , Sascha N. and Oliver N. (Android / iOS 開発者)
  • Yassin Khaoudy (Nxt 関係者)

5. IOTA ホワイトペーパー(日本語版)

 IOTA ホワイトペーパーの日本語版です。Dropbox のファイル共有機能を使っていますが、Dropbox を使っていなくてもダウンロードが可能です。
 日本語訳にするにあたって、士林翻訳サービスへ翻訳をご依頼し、校正はLeonhard Japan, LLC.が行いました。現時点(UTC 2016/07/17)で完璧な翻訳ではないかもしれませんが、IOTA を知るための一助になることを期待して無料公開しております。日本の皆様からのフィードバックをいただきながら、完璧な翻訳(わかりやすい内容)にしていきたいと思っております。
 なお、IOTA ホワイトペーパー(日本語版)は IOTA に寄贈します。 Let’s study IOTA.

6. IOTA 関係SNS

7. 基礎知識

8. IOTA 日本語ニュース(日付順)

9. IOTA 英語ニュース(日付順)

10. IOTA 記事(日付順)

11. LHJさんに寄付のお願い

 2017年初夏に IOTA の首都(ベルリン)に行き、IOTA プロジェクトメンバーと直接会って「IoT x blockchain」について議論を深めたいと思っています。そして、ベルリンで大型バイク(アフリカツインの中古)を買い、EU諸国をツーリングしながら IOTA コミュニティーと会ってこようと思います。
 旅程は2ヶ月間。日本からベルリンまでは直行便がないのでヘルシンキフィンランド)を経由してドイツに入国します。その後、ベルリン→スイス→オランダ→フランス→ロンドン→スペイン→ポルトガルと移動し、最終地点は「ユーラシア大陸の最西端:ロカ岬」です。
 IOTA コミュニティーと意見交換を行い「IoT x blockchain」のユースケースを作りあげ、これを日本に持ち帰って、皆様へ公開(提供)したいと思っています。
 費用はざっくり計算しても 30 Bitcoin かかります。もし、IOTA 日本語情報サイトを評価し、かつ、この挑戦に賛同していただければ寄付をお願い致します!

Bitcoin

1GfLHDwTuQssfy5UKW3wWBpYAHe2n8rrmu

何卒、よろしくお願い致します!