読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオンハルトジャパン公式BLOG

技術的な情報を公開するスペースです。

IOTA Wallet v1.0.2 インストール方法と初期設定

IOTA Blockchain

【2016/08/09(日本時間)追記】
本手順は IOTA Wallet v1.0.0 ~ v1.0.2 に対応しています。2016/08/09(日本時間)に v1.0.3 リリースされ、大幅な変更箇所は「4. IOTA Wallet の初期設定」です。検証完了後、新しい記事として公開します。

1. 目次

2. IOTA Wallet のダウンロードとインストール

IOTA Github からダウンロードします。ダウンロード先はこちらです。インストール方法(英語版)は IOTA 開発者サイト です。

IOTA Wallet インストール時のポイント

  • PC に Java がインストールされていない場合でも、IOTA Wallet が Java のダウンロードとインストールをしてくれます。(図 1 参照)
  • Java のインストールに失敗する場合もあります。その場合は素直に Java をインストールしましょう。URLはこちらです。(図 2 参照)
  • PC の Firewall で警告がでるので、画面に従って許可をしてあげましょう。(図 3 参照)

図 1:PC に Java がインストールされてない場合の画面

f:id:lhj:20160808085116p:plain:w500

図 2:Java 選択画面

f:id:lhj:20160808090203p:plain:w500

図 3:PC の Firewall 画面

f:id:lhj:20160808091220p:plain:w500

3. IOTA Wallet の起動

IOTA Wallet を起動すると、以下のような画面になり「 seed / password 」を入力することでログインできます。この「 seed / password 」は秘密鍵(Private Key)と同義です。非常に重要な情報ですので、正しい seed / password を作成しましょう。

f:id:lhj:20160808092104p:plain:h500

IOTA Wallet の [Tools]→[Generate Seed] で seed を生成します。

f:id:lhj:20160808092155p:plain:h500

テキストエディタに seed をコピーして保存しましょう。(文字数は 81 です)

f:id:lhj:20160808092509p:plain:h500

IOTA Wallet の「 seed / password 」に seed を貼り付ければログイン完了です。

f:id:lhj:20160808092608p:plain:h500

4. IOTA Wallet の初期設定

  • ステータスバーを表示させた方がわかりやすいので、[View]→[Show Status Bar] で表示させましょう。
  • 次に [Tools]→[Edit Server Configuration] で SERVER CONFIG を設定しましょう。(図 4 参照)

SERVER CONFIG の設定

  • Transactions to Fetch Gap (ms):1000 です。「Fetch Gap (ms) < 1000」にすると接続不良が発生することがあります。
  • Cores(POW):2 です。これは PC の物理 CPU のコア数を意味します。LHJさんの PC は Phenom II X3 720 Black Edition というマイナーな 3コアCPU を搭載させているので、 Cores(POW):3 としています。ほとんどの PC は Cores(POW):2 で良いでしょう。
  • Neighboring Nodes: は以下のように設定してください。IOTA のパブリックノード(グローバルIP / UDP 14265ポートを使って通信を行うノード)です。デフォルトで登録されている +udp://188.138.57.93:14265 は起動していません。起動の有無は [Tools]→[View Neighbors' Activity]で null と表示されているかどうかで確認できます。
+udp://104.238.171.31:14265
+udp://46.101.118.240:14265
+udp://178.62.203.156:14265
+udp://139.59.134.213:14265
+udp://104.238.181.100:14265
+udp://66.11.119.73:14265
+udp://167.114.182.68:14265
  • Babysit the network はチェックしないでおきましょう。Babysit the network の用途について LHJさんもまだよくわかっていません。
  • 最後に SAVE して再度ログインしましょう。

図 4:SERVER CONFIG の画面

f:id:lhj:20160808095309p:plain:h500

5. IOTA アドレスの確認

IOTA Wallet の HISTORY を開いてみましょう。自分のアドレスが生成されています。ただし、IOTA の P2Pネットワーク(tangle)で承認されていません。bundle(束:たば) が 0% → 100% になっていないからです。100% にするためには、IOTA Wallet を起動し続ける必要があります。また、トランザクションやバランスが承認されているかどうかは IOTA エクスプローラー で確認できます。

f:id:lhj:20160808102552p:plain:h500

6. IOTA アドレス/トークンの特徴

  • IOTA アドレス最大発行数(The number of possible addresses):2781 です。観測可能な宇宙の素粒子の総数は 1080 と考えられているので、これを凌駕します。参考までに演算結果を以下に掲載します。
87,189,642,485,960,958,202,911,070,585,860,771,696,964,072,404,731,750,085,525,219,437,990,967,093,723,439,943,475,549,906,831,683,116,791,055,225,665,627
  • IOTA トークン発行数(Available Supply): (333 - 1) / 2 = 2,779,530,283,277,761(約 2,700 兆 = 2.7 ペタ)
  • 1,000,000,000,000,000 を指数表示すると 1015 = 1ペタです。
  • 1回の送金最大量(max amount per transfer): 3,812,798,742,493 IOTA Tokens(約 3.8 兆 = 3.8 テラ)
  • 1,000,000,000,000 を指数表示すると 1012 = 1テラです。
  • IOTA アドレスの文字数は 90 で、先頭1桁にルール(例えば、1xxx , 3xxx)はありません。ちなみに、seed / password(秘密鍵)の文字数は 81 です。
  • IOTA アドレスは「使い捨て」と考えるのが良いようです。具体的には、送金/着金したらもう使わないということです。IoT特化型暗号通貨らしいですね。
  • seed / password(秘密鍵)を忘れなければ、複数の IOTA アドレスを確認できます。(図 5 参照)

図 5:IOTA アドレスの画面

f:id:lhj:20160808105944p:plain:h500

7. IOTA アドレスの発行

RECEIVE 画面を開き、PUBLISH TO TANGLE を押すことで IOTA の P2Pネットワーク(tangle)に公報させます。一瞬で CPUパワーが100%になります。Windowsタスクマネージャーを見てみましょう。LHJさんの3コアCPUが100%になっていますね。その後、40%台で落ち着きます。ADDRESS PUBLISHED になるまで待ちましょう。(図 6 ~ 9 参照)

図 6:IOTA アドレスの発行( PUBLISH TO TANGLE )

f:id:lhj:20160808110709p:plain:h500

図 7:CPU 使用率

f:id:lhj:20160808110832p:plain:w500

図 8:IOTA アドレスの発行後( ADDRESS PUBLISHED )

f:id:lhj:20160808111049p:plain:h500

図 9:HISTORY 情報
青色のアドレスが発行直後を示します。

f:id:lhj:20160808111559p:plain:h500

8. 同期(トランザクション/マイルストーン)確認方法

IOTA Wallet の同期確認は、IOTA チャット(Slack) に入って、botbox チャンネルの transactions / milestones を見てください。IOTA Wallet のステータスバーの値と近似すれば同期完了です。同期に要する時間は約 2 時間です。もっと短くできないのか?と思うかもしれませんね。これが上述した Babysit the network のようです。LHJさんもよくわかっていないことが多いので皆様も IOTA チャットに入って意見交換しましょう。

f:id:lhj:20160808120858p:plain

Let’s try IOTA !

9. LHJさんに寄付のお願い

 2017年初夏に IOTA の首都(ベルリン)に行き、IOTA プロジェクトメンバーと直接会って「IoT x blockchain」について議論を深めたいと思っています。そして、ベルリンで大型バイク(アフリカツインの中古)を買い、EU諸国をツーリングしながら IOTA コミュニティーと会ってこようと思います。
 旅程は2ヶ月間。日本からベルリンまでは直行便がないのでヘルシンキフィンランド)を経由してドイツに入国します。その後、ベルリン→スイス→オランダ→フランス→ロンドン→スペイン→ポルトガルと移動し、最終地点は「ユーラシア大陸の最西端:ロカ岬」です。
 IOTA コミュニティーと意見交換を行い「IoT x blockchain」のユースケースを作りあげ、これを日本に持ち帰って、皆様へ公開(提供)したいと思っています。
 費用はざっくり計算しても 30 Bitcoin かかります。もし、IOTA 日本語情報サイトを評価し、かつ、この挑戦に賛同していただければ寄付をお願い致します!

Bitcoin

1GfLHDwTuQssfy5UKW3wWBpYAHe2n8rrmu

何卒、よろしくお願い致します!