読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオンハルトジャパン公式BLOG

技術的な情報を公開するスペースです。

マルチクラウドに触るならCloudBerry Lab

クラウド(特にクラウドネイティブ)が沢山あって、AWSAmazon Web Services)が有名だからまずはそれを使っているんだけど、他にもMicrosoft Azure、Google Cloud、SoftLayer、OpenStackとかあるようだし、情報収集はしているんだけど実際に触ったことがない人の背中を押してあげるツールCloudBerry Backupです。

CloudBerry Backupって?

単純にバックアップツールです。世界で有名なCloudBerry Labが開発しています。老舗であり現在も活発的に開発しています。Webサイトの一部を貼っておきますね。

f:id:lhj:20151224092014p:plain

CloudBerry Backupの特徴

特徴を簡単に書いてみますね。

  • 無料(暗号化などの複雑な機能は有料。でも$29.99とお安いよ)
  • 日本語化
  • クラウド課金量の表示やアラート通知もできる
  • ローカル→クラウドクラウドクラウドでバックアップができる

CloudBerry Backupの最大の魅力

下図を見れば何も書くことはなし。バックアップ先の豊富さに驚きです。しかも、NiftyクラウドIDCフロンティアといった日本国内のクラウドもあります。Niftyさん&IDCFさんは流石ですね。こういうのは自社からCloudBerry Labにお願いしないとダメなんですよ(推測)

f:id:lhj:20151224092806p:plain

ここまで用意されているのだから、クラウドのアカウントを作れば簡単にバックアップができます。クラウドの課金が怖いと思うので、最初は軽量な流出してもOKなファイルから恐る恐るバックアップすれば大丈夫です。そして、クラウドのアカウントを作ったということは重要なトリガーになるんですね。今まで記事でしか読んでなかった自分が実際にクラウドのサーバやアプリケーションを触ることができます。

是非ともCloudBerry Backupを使ってくださいね。

www.cloudberrylab.com

アフィリエイトはしていませんのでリンク踏んでOKですよ!